保育士の待遇面での改善をいかに図っていくかが、保育士不足の問題の解決になるかもしれません。

保育士の待遇

保育士の待遇について考察します。よく指摘される保育士の給料にも関係しますが、その周辺的なさまざまな待遇の問題について考えます。

 

まず第一に公立の保育園でもなければ勤続年数の長いベテラン保育士でさえも手取り20万円を超える人は少ないといいます。

 

若い保育士さんでは手取りで15万円を切ることもめずらしくはないのです。
それでも賞与があるということを考えれば、非正規労働が広がっている今日の社会ではそれだけでも恵まれたほうだと指摘されそうですが、国家資格である保育士の給料としてはもう少し希望が持ちたいところです。

 

 

延長保育や書類仕事などでサービス残業が多くなってしまうのも保育士の仕事の特徴です。

 

保育士の仕事をお金だけでみるべきではありませんが、実際にがんばった分の成果が得られなければ少なからずモチベーションが下がってしまうのも事実です。


 

何よりそういった過剰労働が続けば最後には保育士という仕事を離れてしまうというケースは珍しくありません。

 

保育士の資格は持っているけれど給料や待遇で折り合いがつかずやむを得ず別の仕事をしているという人も少なくありません。
認可保育園は地方自治体の援助を受けているとはいえ、現状でも人件費の占める割合は非常に大きく、なかなか改善できる余地がないのも現状です。

 

こういった保育士の待遇面での改善をいかに図っていくかは今後の課題です。

 

また待遇面で大きな不満の種となっているのは、保育士資格を有して保育所で働いてる人と資格を持たないで保育所で働いている人の給料の差が少ないことも原因といえます。

 

給料が少ないというポイントを解消できないならば勤務時間を短縮できるような工夫が必要です。
たとえば日誌記入や教材の作成などを家に持ち帰って行う保育士もいるほどで労働時間が長くなってしまうことで体力的な負担も増えてしまうことがあります。

 

保育士不足が問題とされている中その人材の確保が叫ばれているのだからそういった待遇を改善するアプローチの仕方を模索する必要があります。