小学校教諭には子供好きで、子供の成長を見守る責任と使命感のある人が向いています。

小学校の教諭になるには?

 

小学校の教諭になるには教員免許を取る必要があります。

 

小学校教諭普通免許状は3種類あり、大学で取得できる1種免許状と、大学院で取得できる専修免許状短大で取得できる2種免許状となります。

 

一般的には、1種免許状を取得することになります。

 

通信教育に通い教員免許を取得する方法もあります。
通信教育の受講は年齢制限が無いため、40代で先生を目指し教壇に立っている方もいます

 

ただし、都道府県によって年齢制限を設けているところもあるので事前に確認する必要があります。

 

仕事内容では、授業はもちろん生活指導や行事(運動会、遠足、移動教室など)、野外活動など多岐に渡ります。

 

学校内における児童の安全、保護、健康面の管理などが業務範囲となっています。
児童が帰ったあとも残業する場合も多々あります。
また、公立小学校では数年ごとに異動があります。

 

小学校の教諭に向いている人は、まず子供が好きでなくてはいけません。
子供の成長を通してしっかりとした責任と使命感のある人が向いていると言えます。

 

保護者との関係なども大切になってきます。
また、教育理念などもしっかりと持っておく必要があります

 

元気で活発な子供達ならではのトラブルや事故、怪我なども起こる可能性が高く、そういった様々な問題を解決する必要もあります。

 

いじめや不登校などの問題にも時には立ち向かわなくてはならないため、精神力も問われる仕事と言えます。

 

中学校の教師や高校の教師に比べれば勉学の部分での専門性は比較的簡単になりますが、子供達と過ごす様々な行事(運動会や文化祭、遠足など)でのトラブルや問題にも積極的に解決していく必要があります

 

小学校の教諭は様々な面で大変な部分もありますが、その分子供達の成長や保護者の方から感謝されることなどもあり大変やりがいのある仕事です。

 

これから目指そうとしている方は是非、がんばって下さい。