保育士となることでどんな利点や欠点があるかを考えて保育士という仕事を考えましょう。

保育士のメリット・デメリット

保育士になることのメリットとデメリットを考えます。
やりがい・給料・勤務時間・保護者の対応・責任感など実際に保育士となることでどんな利点や欠点があるかを考えて保育士という仕事を考えましょう。

 

子供たちの成長を見守る楽しさ

保育士になるメリットとして一番大きいのはやりがいという一面です。
人生で一番楽しいのは子育てといいます。

 

子供と触れ合い子供の反応や成長を身近に感じ取ることほど楽しいことはありません。
たとえ自分の子供でなくても子供から頼りにされたり、一緒に笑ったりできるのはとても幸福な時間です。

 

保育士という仕事はそういった子供のあいくるしさといつも近くにいることのできる仕事なのです。子供が発するパワーは、いつもどこから漲ってくるのかというくらい溢れているので退屈することはないでしょう。

 

 

給料はあまりよくない

保育士の仕事を語る上でデメリットとして語られるのは給料の問題です。

 

公立の保育園以外では満足な給料を得ることができないという見方が一般的です。
私立の保育園の保育士の平均的給与は20万円ちょっとと言われており、若い保育士さんたちは15万円~18万円程度で働く状況が多いのではないでしょうか。

 

また勤務時間も早番・遅番とあり延長保育や閉園後の書類仕事などが重なり夜遅くなることもあります。自宅に持ち帰りで仕事をしなければならならいこともあり、働いた分に比べて実際に支払われる給料は少ないものであるといわざるをえないかもしれません。

 

 

保護者の対応・責任感

保護者と離す保育士バナー

 

またデメリットではありませんが、大きな要素として保育士は子供に接する仕事であることと、もうひとつその保護者と接する機会の多い仕事でもあります。

 

登園時、降園時の送り迎えで毎朝毎夕、保護者と顔を合わせ連絡を取り合う必要があります。

 

また子供が熱を出したときには早急に保護者に連絡を入れなければなりません。
万が一にも子供に何かあったときの重圧というのは非常に大きい職業といえるでえしょう。

 

特に最近はモンスターペアレント化する保護者も多く、保育士の資格を取得しても脱落してしまう人も増えています。保護者と良好な関係を築くことが求められます。