「保育士バンク」は厚生労働大臣認可の保育士専門転職支援サービスです。コンサルタントと相談しながら全国の求人を対象に探すことができます。

保育士の求人事情

保育士試験に合格し、あるいは指定保育士養成施設を卒業して保育士の資格を得ると、あなたの保育士人生がはじまります。

⇒保育士資格の取得方法はこちら

 

保育士として業務をするために保育士登録を済ませたあと実際に保育士としての仕事を探さなければなりませんね。

 

実際に現在の保育士を求める求人というのはどういう状況なのでしょうか。

 

待機児童が多く、保育士が不足していると言われている大都市圏においては保育士を求める求人が多い傾向にあるようです。

 

しかし待遇や給与が低いと言われていた保育士の職業にも派遣や非正規、パートなどの雇用形態が広まり、不安定な形態のものの占める割合が増えてきていることも事実です。

 

求人イメージ画像

ハローワークでも探せるのは当然ですが、
現在ではインターネットからでも保育士の求人は探せます。

 

厚生労働大臣認可の保育士専門転職支援サービスである「保育士バンク」などでも登録後、コンサルタントと相談しながら全国の求人を対象に探すことができます。
その他のインターネットサービスでも比較的簡単に求人は見つかるでしょう。

 

特に都心などでは新設の保育園に伴う人材確保や企業内の保育施設の働き手を多く求めているので求人は多いといえます。
正規雇用または契約職員としての保育士、または保育補助、施設長や園長候補などの求人をよく見かけます。

 

ただその一方で嘱託保育士パートタイムでの雇用も増えています。
これは無認可の私設保育園などではそもそも運営にかかる資金の調達が難しいこともあり、保育士にかかる人件費を満足に補えないことからきていると考えていいでしょう。

 

また地方においての保育士の求人に関しては、大都市圏においては待機児童が慢性的に多いとされていますが、地方では待機児童数が問題になることはそれほどなかったり、待機児童数ゼロの市町村もあるほどです。したがって地方における保育士の求人はそれほど多いとはいえないと思います。

 

保育士の求人は地域によってばらつきがあると考える必要があると思います。

 

気になる給料の相場とは…