高等学校の教諭には責任感や使命感があり、生徒に愛情を注げられる人間性豊かな人が向いています。

高等学校の教諭になるには!?

 

高校生達

 

高等学校の教諭になるには、教員免許が必要です。
4年制大学での教職員課程の修了や短大、大学院で取得することになります。

 

学校教育および専門教科にかかわる規定の単位数を取ったうえで、教育実習を行う必要があります。大学は通信制でもOKとなっています。

 

大学での単位取得や教育実習などでの教員免許を取得して教員採用試験に合格する。という流れになります。

 

教育学部などでなくても教員免許は取れますが、教育学部などだと比較的楽に取得出来ると言われています。

 

高校教諭の平均年齢は35歳くらいで、年収はおおよそ平均400万円以上500万円未満となります。

 

基本的には、勤務時間が8:30~17:00で、おおよそ8時前後に出勤し1日3~5時間の授業をして放課後などに部活動や総務、生徒指導部などの仕事をすることになります。

 

朝は保護者からの出欠連絡や授業の準備などにも追われるため忙しくなります。

 

仕事内容は、問題を起こした生徒への対応、担任業務、保護者懇談、入試業務、定期試験採点業務、行事の仕事や会議、クラブ活動の顧問などで勤務時間には終わらないことの方が殆どです。

 

進路相談や不登校生徒への対応、悩みなどを抱えている生徒へのアドバイスなども求められます。

 

高等学校の教諭に向いている人は、責任感や使命感のある人、熱意を持って生徒に対して愛情を注げられる人間性が豊かである必要があります

 

また、高校時代は大学受験を控え勉学の面でもかなりの専門性と知識が必要とされます。

 

生徒が授業の時間を無駄に過ごさないようにするためにも、工夫を凝らした授業内容などが必要になります

 

これら、高校の教師には非常にたくさんの仕事内容が求められます。

 

単に授業や総務、会議などの仕事をこなすだけでなく、人間を相手にしたトラブルや問題解決の人間力も問われます。

 

精神力や体力も必要とされる仕事で、相応の覚悟が必要になる職種とも言えます。