保育士は多くの活躍する場があり、保育士の資格が活躍する仕事は保育所だけではありません。

保育士の資格が活躍する職業

社内託児サービスのある企業への就職

保育士の資格が活躍する仕事は保育所だけではありません。
もちろん保育士の資格を取ったからには、保育所の正規職員として働きたいものです。

 

現在では企業や会社の託児所が併設されることで社員の子供を預ける託児サービスも広がってきています。

 

企業にとっても育てた人材を出産と子育てによって失っては損失だと考える動きが広まってきたこともあり、社内に託児サービスを設けることで優秀な女性社員を流出させないことを目的とした取り組みとして反映されています。たとえばイケア・ジャパンの社内託児所の「ダーギス」などは取材でも取り上げられています。

 

またこういった社内託児サービスを行っている企業に就職する際に保育士の資格が活きていることがあります。

 

保育士の女性バナー

そういった企業の人事課でも将来的に保育士資格を所有している社員ならその託児サービスで働くことが可能ではないかと考えますよね。

 

企業の他にも病院で働く人のための託児所もあります。

 

 

学童保育

学童保育は小学生を対象として仕事で日中に家を空けている子供を保護者に変わって保育する指導員のことです。
主に放課後や夏休みなどの学校の長期休暇中などに子供を見ます。

 

第二種社会福祉事業として法制化されており、学校終了後の児童の重要な放課後児童健全育成事業です。

 

児童福祉法に基づいているので厚生労働省の管轄でありますが、学童保育の指導員は明確に法的な資格等を有している必要はありません。
しかし小学校教諭や幼稚園教諭、児童指導員や保育士の資格を持っている人を採用することが望ましいと思われています。

 

 

幼児教室講師

また小学校受験などをする幼児向けの幼児教室などでも採用資格でも幼稚園教諭や保育士の資格は活かせるといえます。
幼児教室講師の場合も明確に法律によるしばりはありませんが、保育士の資格を持っているということは大きな信頼につながり業務を行うにあたってもスムーズです。

 

 

児童館

また児童館で働く児童厚生員についても保育士の資格が必要とされています。