保育士が辞めていく厳しい職場環境の改善と潜在保育士の活用で、"待機児童ゼロ"を目指す取り組みが必要です。

保育士不足と待機児童が多い現状

保育士を語る上で避けて通れない問題が都市部などを中心に問題化されている待機児童の問題です。

 

待機児童というのは、保育所に入所申請しているにもかかわらず定員が満員であるために保育所に入れない児童のことです。

 

働く親にとって子供を安心して預けられる保育所の存在は必要不可欠です。
特に最近ではこの問題に関連して、親が子供を安心して預けられないがゆえに起きてしまった痛ましい事件も起こりました。

 

国や地方自治体が後押しする保育所の新設は急務とえいます。
現状で大都市部を中心に2万人以上もいるといわれる待機児童に対応するため、政策的にも保育所を新設するなどして対応しています。

 

この待機児童が増えている深刻な状況のもとで子供たちを見る保育士の不足も問題視されています。過酷な労働条件や低賃金などによって保育士の成り手が少なくなっていることは憂慮するべき事態です。

 

保育園イメージ画像

保育士の求人事情は?

 

少子高齢化が進むなか子供を育てながら働く現役世代をいかにサポートしていくかという課題は克服すべきものです。

 

 

ただ保育所を新設する動きが強まっていく中でどうやって保育士を確保していくかに関しては、保育士の資格を持ちながら上述の理由で保育士の仕事についていない潜在保育士の存在を見逃してはいけません。

 

保育士を志すにあたっては他人の子供を預かり監督する責任感が第一で、お金ばかりが強調されるべきではありませんがそういった潜在保育士たちのインセンティブを刺激する措置がなされることが大切なのではないでしょうか。

 

国や地方自治体ももっとここにお金を出すべきでしょうし、保育士が働きやすい環境を整え、潜在保育士と待機児童たちをマッチングすることでウィンウィンの相乗効果が出せるはずだと考えます。

 

また待機児童に関しては東京や神奈川などの関東や大阪を中心とする関西の大都市圏に集中した問題であり、地方においては待機児童の問題は少ないといわれています。

 

社会的な問題である待機児童の問題も保育士の人材不足も地域の実情に合わせて柔軟に対応すべき問題でもあります。