保育所運営会社であるサクセスホールディングスは人事制度や勤務体系を女性にとって働きやすいものに変えていくという試みを行っています

保育士は社会復帰しやすい?

 

保育士にかぎらず日本という社会は一度ラインから脱落した人がふたたび浮上することのハードルが高い国です。

 

特に女性が一度結婚や出産で職場を去ってしまうと現実的に復帰することが非常に難しくなってしまいます。

 

保育士はほとんどが女性であることが多く、子育てを機に仕事を離れてしまうこともあります。
そういった保育士が社会復帰しやすいかどうかと考えたとき、まだまだ難しい状況が続いているといわざるを得ませんが、国家資格である保育士の資格を眠らせておくにはあまりにももったいないとも言えます。

 

また近年では待機児童が増大している問題と相まって保育士不足が懸念されています。
保育所等を新設することとともに保育士の人材確保も早急に行わなければなりません。
保育所の数が足りないということはそこで働く保育士の採用枠も少ないということです。

 

保育士の求人事情とは?

 

逆にいうと働きたい保育士と待機児童が多いということは潜在的なニーズが大きく、保育所新設などの外堀が埋められれば一気に好転する要素を持っているといえるかもしれません。

 

保育所運営会社であるサクセスホールディングスは人事制度や勤務体系を女性にとって働きやすいものに変えていくという試みを行っています。勤続年数が少なくても昇進できる制度などがあれば、離職している女性の復職のインセンティブも上昇します。

 

また派遣や非正規などの雇用形態が増えたことで生活が不安定になることは良い事態ではないけれど、子育て中の保育士が勤務時間やシフトの中で限定的に働ける契約社員などの働き方が広まってきたことは逆に社会復帰しやすい要素である可能性があります。

考えてる女性バナー

 

特に保育士の場合は資格を持ちながらあえて給料や待遇面を嫌い、保育士の職についていないという潜在保育士も存在するといわれています。

 

保育士としての働き方の多様化、勤務形態の多様化が進むことでより働きやすい職場、復職しやすい職場になることが求められています。

 

子育てをする親にとってこういった保育士さんがたくさん活躍されることが望ましいはずです。