大学教授は自分の研究や知識、思考を教えることの出来るやりがいのある職業です。

大学教授になるには!?

 

大学教授のイメージ

大学教授になる方法で一般的なのは、大学院を卒業し博士号を取得して大学に就職することになります。

 

高校生のうちから学びたい分野を決めて、その専門分野が大学にあるか調べてから受験に臨む必要があります。

 

大学教授になるには大学院だけでなく、大学でも何年間も専門の分野を勉強しなければいけません。

 

自分の興味ある将来的に携わっていけるような分野をしっかり選定することが大事です。

 

大学3年生になると研究室を決めて、4年になると正式に所属し、研究中心の毎日になります。大学院卒業後は就職活動をして、助教授になり、准教授を経て大学教授になります。

 

大学を卒業して学士を取得し、大学院修士課程を修了し修士の学位を取得、大学院後期課程で博士号を取得するという流れになります。

 

博士号は難易度が高く、大学院前期課程までのように一生懸命勉強すれば取れるというものではありません。難易度も高く厳しい道と言えるでしょう。

 

大学教授になると大学に勤務することになりますが、大学によって待遇や勤務体制なども違い、私立大学などでは週3日程休みになるところもあるようです。

 

大学教授の平均的な年収は年齢によっても違ってきますが、約1,100万円程度となっています。
大学などによって900万円だったり1400万円だったり幅広くマチマチということになります。

 

また、才能があれば、客員大学教員という形で専門学校卒でも大学教員になることが出来ます

 

大学教授になると安定した収入はもちろんですが、何と言っても地位や名誉という面で人々から尊敬される職業と言えます。

 

自分の書籍を執筆したり、その本を教科書として生徒達に授業をしたりなど自分の研究や知識、思考を世の中にも生徒達にも教えることの出来るやりがいのある職業です。

 

大学教授になるには大学受験も含めかなり勉強をがんばらなくてはいけませんが、是非、夢を実現させるためがんばって下さい。