中学校の教諭には、思春期の子供と向き合う精神力や責任感、使命感の強い人が向いています。

中学校の教諭になるには?

 

中学校の教諭になるには、教員免許が必要です。

 

中学校に限らず、幼稚園や小学校、高等学校の教員になるにも教員免許が必要です。

 

教員免許は大学で取得するのが一般的で、取得可能な教員免許の種類は大学の学部や学科ごとに決まっています。

 

中学校の教員免許の取れる大学を受験し入学する必要があります。
教育学部に限らず、一般の学部に進学しても教員免許は取得することが出来ます。

 

ただし、教育学部の方が専門的に学習しながら卒業に必要な科目として認められるため、少ない負担で免許が取れると言えます。

 

教員志望をやめて一般の会社に就職する場合は、教育学部出身だと不利になることもあります。

 

中学校の教諭の仕事の内容には、数学や国語、英語などの専門教科の授業はもちろん、生活指導や道徳などのホームルーム、クラブ活動の顧問、学校行事への対応や保護者との関係が必要になるPTAなどのことなど多岐に渡ります。

 

授業では教える教科も難しくなり、専門性が問われます。

 

授業の理解度が薄れていく生徒も出てくるため分かりやすい授業を心がけるよう工夫などもしなければいけません。

 

高校受験などを控え、勉学に興味を持つ重要な時期でもあるため、単に教えるだけではなく授業内容を考える必要もあります。

 

また、中学時代の子供は、成長期や思春期にあたるため、授業など勉学の部分だけでなく学校生活やメンタルケアの部分などしっかりと子供と向き合う必要性があります。

 

子供達の成長の手助けをしなければいけないため精神力も必要とし、責任感や使命感の強い人が向いていると言えます。

 

部活指導では協調性や積極性、努力する姿勢などを教育する必要がありますし、生徒指導では一人一人と向き合い人格を尊重し個性を伸ばすことも大事になります。

 

これから中学校の教諭を目指そうという方は教員免許を取得することはもちろんですが、そういった勉学以外の面での仕事としても覚悟が必要になってきます。