保育士が「保育」を目的としていることに対して、幼稚園教諭は「教育」を目的にしています。

保育士資格と幼稚園教諭免許の違いとは?

 

保育士資格と幼稚園の教諭の免許では違いがあります。

 

  • 保育士資格は厚生労働省の管轄
  • 幼稚園教諭は文部科学省の管轄

です。

 

保育士資格は比較的取りやすく、活躍の場も多いのが特徴です。
国家資格となります。

 

保育士になるには保育士の専門学校に行く方法がありますが、通わなくても資格取得する方法はあります保育士試験を受けて合格すればなれます。
短期間で高い費用を出さずに取得出来るメリットがあります。

 

一方、幼稚園は文部科学省の管轄になり、学校という分類分けに属します
幼稚園の先生になるには幼稚園教諭免許を取得する必要があります。
幼稚園教諭は、教職課程のある大学や短大などで必須単位を取得する必要があります。

 

 

保育士と幼稚園の先生では仕事内容も違います。

 

子供を預かるという面では同じですが、役割や仕事内容は全く違うものになります。

 

幼稚園が学校の役割として1日平均4~5時間程子供を預かるのに対して、保育園は最長で12時間程度預かることもあります。

 

保育園・幼稚園に通う園児

仕事内容では幼稚園では授業として、歌の練習やお絵かき、運動(スポーツ)、遠足等、集団行動での協調性などの「教育」を行います。

 

保育園での仕事では、排泄や食事のサポート等の「保育」の面での仕事がメインになります。

 

基本的には、保育園も幼稚園教諭も資格取得のため養成課程のある学校、もしくは通信教育を受ける必要があります。専門学校や短大、4年制大学などでの取得となります。

 

このように保育士資格と幼稚園教諭には様々な面で違いがありますが、一番の違いは、

  • 保育士が「保育」を目的としている
  • 幼稚園教諭は「教育」を目的としている

ところにあるのではないでしょうか。

 

これから教育関連の仕事に就こうと思っている方は、これらの役割や仕事の違いを把握してから目指すようにされて下さい。