保育士の勤務時間は1日8時間ですが、早番、遅番というように少しずつ勤務時間帯をずらします。

先輩に聞いた保育士の一日

これから保育士になろうと思う人、保育士を目指している人に向けて保育士さんは一日にどんな仕事をするのかということを紹介したいと思います。

 

先輩保育士に聞いた保育園での一日をまとめました。

保育士自身の登園ですが、早番や遅番があります。
通常ですと8時前後に登園しますが早番の場合だと7時前に登園しなくてはなりません。

 

登園してくる園児は保護者の家庭の事情、仕事の事情などでばらつきがあります。

7時台に登園してくる子もいれば8時半から9時ごろ登園してくる子もいます。
早く登園してきた子は普通番の保育士よりも早く園内にいることもあります。
子どもを迎え入れるときは保護者との必要事項の確認の場でもあります。
子供の体調の変化など状況確認を逐一取りたいところです。

 

園長や保育士の朝礼などを行い、子供たちと朝の会や体操などを一緒に行います。

 

それからお昼までは自由遊びなどの時間です。

 

室内でブロック遊びや外の運動場で砂遊びや遊具遊びを行います。

天気の良い日には全体を連れて公園や砂浜に散歩に出かけることもあるので、子どもたちの安全を確保するよう見守ることが大切です。

 

12時頃給食の準備を始めます。

 

手洗いやうがいなど衛生面を含めた食育を心掛けます。

また食事中は児童が牛乳や食べ物などをこぼすことが多いので注意しながら食事します。

 

絵本を読む保育園児バナー

食後にはお昼寝の時間です。

 

室内に布団を敷き園児たちを寝かしつけたあと連絡帳などの記入の仕事をします。

 

3時におやつの時間がきます。

 

その後は閉園まで自由遊びの時間です。

子供たちには粘土やお絵かきを教えて遊ばせることもあります。

子どもの創作を手伝うのも仕事の一貫です。

 

4時頃子供たちを迎えに保護者が迎えに来ます。
記入した連絡帳などを配布物を渡したり連絡事項を確認し、園児とお別れをします。
その後も延長保育などで帰らない子供の世話をすることもあります。
全員が降園したら、片づけや掃除をして戸締り報告書などを作成し、一日が終了になります。